スポンサードリンク

チーム・バチスタの栄光

桜宮市にある東城大学医学部付属病院は、フロリダのサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威、桐生恭一(伊原剛志)を招聘し、心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム『チーム・バチスタ』を結成した。桐生が率いるチーム・バチスタは、26件連続でバチスタ手術を成功させ、『チーム・バチスタの奇跡』と呼ばれていた。

しかし、成功率100%だった『チーム・バチスタ』が、3件続けて謎の術中死に遭遇する。医療ミスか、単なる偶然か、それとも故意によるものか。

謎を解明すべく、東城大学医学部付属病院の病院長、高階権太(林隆三)は、特別愁訴外来(別名、愚痴外来)勤務の神経内科医、田口公平(伊藤淳史)に内部調査を命じる。

渋々と調査を進める田口が、調査結果を事故と認定しようとした矢先、厚生労働省の破天荒なキレモノ役人、ロジカルモンスターこと白鳥圭輔(仲村トオル)が現れる。

「これは殺人だ、犯人はチーム・バチスタの7人の中にいる!」

田口と白鳥はコンビを組み、真相を明らかにすべく再調査を始めるが――?


次々と浮かび上がる謎と、乾いた殺意。

続くバチスタ手術中の術中死。


犯人は一体、誰なのか――?


チーム・バチスタの栄光ネタバレあらすじ紹介
チーム・バチスタの栄光 第1話「医療ミスか?殺人か!?」
チーム・バチスタの栄光 第2話「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)」
チーム・バチスタの栄光 第3話「麻酔科医の告白」
チーム・バチスタの栄光 第4話「エリートのプライドと弱点」
チーム・バチスタの栄光 第5話「犯人の目星はついた」
チーム・バチスタの栄光 第6話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」
チーム・バチスタの栄光 第7話「間違っていた推理…真犯人登場!」
チーム・バチスタの栄光 第8話「義兄弟の亀裂…オペで異常事態!」
チーム・バチスタの栄光 第9話「偽アリバイと致命的ミス」
チーム・バチスタの栄光 第10話「最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!」
チーム・バチスタの栄光 第11話(最終回)「わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」

チーム・バチスタの栄光 第10話あらすじ

チーム・バチスタの栄光 第10話
「最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!〜衝撃の結末!!医療ミスか殺人か!?」


田口公平(伊藤淳史)白鳥圭輔(仲村トオル)はチーム・バチスタのメンバーを集めた。「ケース27」をもう一度、皆で振り返ろうというのだ。大友直美(釈由美子)は初参加で倒れ、酒井利樹(鈴木裕樹)も動脈ラインに手こずった。さらに予定外の緊急オペで鳴海涼(宮川大輔)が遅れた。患者の心臓は再鼓動しなかったが手術に問題はなかった…というのが全員の証言。

白鳥は「本物のケース27のビデオを見つけた」と言い、全員に桐生の手が止まったオペ映像を見せ始める。白鳥は「前回のオペ同様、“ケース27”は鳴海が不在だったために桐生の手が止まったのではないか。“ケース27”の術死の原因は、様々な悪条件の中で起きた、桐生自身の医療ミスではないか」と切り出す。追い込まれた桐生が無意識にとった行動、それが決定打となった。

「桐生先生、あなたの目は手術できるような目じゃない」

桐生はついに自身の病を認めた。脳の下垂体腫瘍が原因で、視野狭窄を起こしていたのだ。サザンクロス病院時代に鳴海の腕を傷つけたのも、それが原因だった。視力を失うまでの残された時間で、1人でも多くの患者を救おうと帰国。目の欠陥を補う術式と、そのためのチームを編成した。

「どんな思いでやったオペだろうが、あなたはミスを犯した」と言う白鳥。しかし鳴海が反論。「この映像のどこにミスがあるって言うんだ?」ミスを立証できるレベルの医者が今の日本にいるのか、と鳴海は言う。

罪を暴くためではなく、ただ、二度と起こらないよう原因を確かめたいのだ。田口は改めて、桐生に本当にミスはなかったのか問う。29人の命が救われたことは大きな功績だが、同じくらい大きな罪を桐生たちは犯したのだと詰め寄る。なぜなら、チーム・バチスタ全員が、桐生の目のことを知っていたのだから…!

桐生を尊敬していたからこそ、チームで隠蔽が行われたことが氷室貢一郎(城田優)の心を壊し、連続殺人の狂気へと向かわせたのかもしれない。そして氷室の口を封じるため、さらに酒井が罪を犯した…。事実を隠蔽して栄光にすがろうとし、5人の患者を死なせたメンバー全員に責任があると、田口と白鳥は断罪する。罪を認める桐生。

しかし、桐生が院長の高階(林隆三)に全てを報告していた時、次のバチスタ患者の容体が急変。桐生が執刀できない今、垣谷雄次(鶴見辰吾)がバチスタ初執刀することに決まる。

――こうして全ての真相は解き明かされたかに思われた。しかし、ビデオは誰がすり替えたのか、怪文書は誰が送ったのか、まだ疑問は残っていた。

そんな時、ある写真を偶然見て愕然とする田口。また、院長室で桐生関連の資料を見た白鳥は、再度、手術ビデオを見直していた。二人は、自分たちが披露した推理がとんでもない誤りだったと気付いたのだ。やはりこれは、医療ミスに見せかけた殺人…!?

その頃オペ室では、来るはずの執刀医・垣谷が消えた――!?

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。