スポンサードリンク

チーム・バチスタの栄光

桜宮市にある東城大学医学部付属病院は、フロリダのサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威、桐生恭一(伊原剛志)を招聘し、心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム『チーム・バチスタ』を結成した。桐生が率いるチーム・バチスタは、26件連続でバチスタ手術を成功させ、『チーム・バチスタの奇跡』と呼ばれていた。

しかし、成功率100%だった『チーム・バチスタ』が、3件続けて謎の術中死に遭遇する。医療ミスか、単なる偶然か、それとも故意によるものか。

謎を解明すべく、東城大学医学部付属病院の病院長、高階権太(林隆三)は、特別愁訴外来(別名、愚痴外来)勤務の神経内科医、田口公平(伊藤淳史)に内部調査を命じる。

渋々と調査を進める田口が、調査結果を事故と認定しようとした矢先、厚生労働省の破天荒なキレモノ役人、ロジカルモンスターこと白鳥圭輔(仲村トオル)が現れる。

「これは殺人だ、犯人はチーム・バチスタの7人の中にいる!」

田口と白鳥はコンビを組み、真相を明らかにすべく再調査を始めるが――?


次々と浮かび上がる謎と、乾いた殺意。

続くバチスタ手術中の術中死。


犯人は一体、誰なのか――?


チーム・バチスタの栄光ネタバレあらすじ紹介
チーム・バチスタの栄光 第1話「医療ミスか?殺人か!?」
チーム・バチスタの栄光 第2話「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)」
チーム・バチスタの栄光 第3話「麻酔科医の告白」
チーム・バチスタの栄光 第4話「エリートのプライドと弱点」
チーム・バチスタの栄光 第5話「犯人の目星はついた」
チーム・バチスタの栄光 第6話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」
チーム・バチスタの栄光 第7話「間違っていた推理…真犯人登場!」
チーム・バチスタの栄光 第8話「義兄弟の亀裂…オペで異常事態!」
チーム・バチスタの栄光 第9話「偽アリバイと致命的ミス」
チーム・バチスタの栄光 第10話「最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!」
チーム・バチスタの栄光 第11話(最終回)「わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」

チーム・バチスタの栄光 第6話あらすじ

チーム・バチスタの栄光 第6話
「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」


オペ前室に再び置かれた殺人予告のバラ。田口公平(伊藤淳史)は必死に手術の延期を桐生恭一(伊原剛志)に訴えるも「患者を見殺しにすることはできない」と振り切られる。ついに始まってしまったバチスタ手術。田口から電話を受けた白鳥圭輔(仲村トオル)も急ぎ東城医大へと向かう。

田口が観覧室から手術を見守る中、手術は順調に進められる。最後に心血流が再開され、全員が祈るような気持ちで手術の行方を見守っていた。しかし、再鼓動せぬまま3分が経過。心臓が再び動き出すことはなかった。ついに5件目の術死が起きてしまったのだ。

オペ室に到着した白鳥は、患者の心臓を解剖すれば死因がわかるはずだと宣言し、承諾を得ようと遺族のもとへ向かう。患者の妻・トキ(五月晴子)は早く家に帰してやりたいと解剖を断るが、そこへ桐生が現れ「縫合した心臓を再び開くだけでも」と願い出て、ついに承諾を得る。

だが、縫合を解いた心臓には何の異常も見当たらなかった。チーム・バチスタから怒号を浴びた田口と白鳥は、オペ室から締め出される。遺体が焼かれたら、もはや解決の糸口は絶たれてしまう。「解剖以外に調べる方法はないんですか?」田口の言葉で白鳥の頭に浮かんだのは、遺体を画像で診断して死因を調べるオートプシー・イメージング(AI)だった。遺体をMRIにかけるという前代未聞の手法であったが、真実を知るためと、病院長の高階(林隆三)も承諾する。MRIの画像を見ていくうち、白鳥は患者の心臓に不審な点があるのを発見する。複数ある点を線で結んだとき、浮かび上がってきたのは…驚くべき殺人方法だった!

オペ室に戻った白鳥と田口。「それが出来るのは…お前だ」――白鳥が指さした先には氷室貢一郎(城田優)がいた。氷室はある器具を使ってそこから心臓に強い電流を流し、患者を殺害していたのだ。「ようやく分かったんだ」氷室は、殺人予告のバラも怪文書も自分が用意したと認めた。

子供が術中死しなかったのは、子供にはこの器具を使わないからだった。やりきれず田口は氷室に問う。「なぜ5人も殺さなければならなかったんですか…?」すると氷室は答えた。「全員僕がやったなんて、誰が言った?」凍りつくオペ室。「術死は続く、これからも。犯人は他にもいる」氷室の言葉は真実なのか…?そしてまもなく警察が到着するという時、氷室が失踪した…!

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。