スポンサードリンク

チーム・バチスタの栄光

桜宮市にある東城大学医学部付属病院は、フロリダのサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威、桐生恭一(伊原剛志)を招聘し、心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム『チーム・バチスタ』を結成した。桐生が率いるチーム・バチスタは、26件連続でバチスタ手術を成功させ、『チーム・バチスタの奇跡』と呼ばれていた。

しかし、成功率100%だった『チーム・バチスタ』が、3件続けて謎の術中死に遭遇する。医療ミスか、単なる偶然か、それとも故意によるものか。

謎を解明すべく、東城大学医学部付属病院の病院長、高階権太(林隆三)は、特別愁訴外来(別名、愚痴外来)勤務の神経内科医、田口公平(伊藤淳史)に内部調査を命じる。

渋々と調査を進める田口が、調査結果を事故と認定しようとした矢先、厚生労働省の破天荒なキレモノ役人、ロジカルモンスターこと白鳥圭輔(仲村トオル)が現れる。

「これは殺人だ、犯人はチーム・バチスタの7人の中にいる!」

田口と白鳥はコンビを組み、真相を明らかにすべく再調査を始めるが――?


次々と浮かび上がる謎と、乾いた殺意。

続くバチスタ手術中の術中死。


犯人は一体、誰なのか――?


チーム・バチスタの栄光ネタバレあらすじ紹介
チーム・バチスタの栄光 第1話「医療ミスか?殺人か!?」
チーム・バチスタの栄光 第2話「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)」
チーム・バチスタの栄光 第3話「麻酔科医の告白」
チーム・バチスタの栄光 第4話「エリートのプライドと弱点」
チーム・バチスタの栄光 第5話「犯人の目星はついた」
チーム・バチスタの栄光 第6話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」
チーム・バチスタの栄光 第7話「間違っていた推理…真犯人登場!」
チーム・バチスタの栄光 第8話「義兄弟の亀裂…オペで異常事態!」
チーム・バチスタの栄光 第9話「偽アリバイと致命的ミス」
チーム・バチスタの栄光 第10話「最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!」
チーム・バチスタの栄光 第11話(最終回)「わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」

チーム・バチスタの栄光 第4話あらすじ

チーム・バチスタの栄光 第4話
「エリートのプライドと弱点〜望」


「術死は続く、これからも。これは、完璧に仕組まれた、犯罪である」

田口公平(伊藤淳史)に届いた怪文書を見た白鳥圭輔(仲村トオル)は、一連の術死がやはり殺人だと確信する。そしてチーム・バチスタのメンバーに、記録映像が盗まれた「ケース29」だけ心臓の切除範囲が大きいことを指摘。範囲を決定する病理医・鳴海涼(宮川大輔)がビデオを盗んだのではないかと疑うが、桐生恭一(伊原剛志)らに即座に否定される。

一方、白鳥に挑発された酒井利樹(鈴木裕樹)は、垣谷雄次(鶴見辰吾)が執刀する次の手術を自分が執刀したいと頼む。天才的な心臓外科医の父をもつ酒井は、新人の頃から父を超えると燃えていた。しかし酒井の要望を断る垣谷。垣谷もまた、桐生に恨みがあるのではと白鳥から挑発されていた。

桐生と鳴海の関係を不自然に思った白鳥は、以前2人が働いていたアメリカ・サザンクロス病院に電話し、2人の驚くべき過去をつかむ。鳴海の外科医としての将来を奪ったのは桐生だったのだ。在アメリカ時代の緊急手術で、桐生が誤って鳴海の腕の腱を傷つけたことが原因だった。桐生と鳴海を呼び出した白鳥は、鳴海が桐生への復讐のために手術を失敗させているのではないかと迫る。否定しない鳴海。しかし桐生は、もともと自分以上に外科医としての才能を秘めていた鳴海が、今は病理医として自分の“目”となり、より高みに行こうとしているのだと、白鳥の推理を改めて否定する。

翌日、白鳥は心臓血管外科教授・黒崎誠一郎(榎木孝明)に、実は桐生が失敗し子飼いの垣谷が准教授になることが黒崎の真の願いではと挑発。何も言い返せない垣谷の隙を突き、黒崎にアピールした酒井は、垣谷に替わって次の手術を執刀させてもらえることに。その後垣谷は、田口に「ケース29」の記録映像を盗んだ犯人に心当たりがあると告げる。なんとその人物とは酒井だった…!

田口は酒井に真相を聞きに行く。「ケース29」の術中、酒井は患者の予期せぬ出血に動揺、硬直してしまい、垣谷に助けられていた。白鳥に自分の恥ずかしい失敗を知られ周知となれば、父や桐生のような外科医への道が断たれると、ビデオを盗んだ酒井。天才の父を持つ自分のコンプレックスなど分かるまい。酒井は苦悩していた。しかし田口は問いかける。「天才だけが患者を救うのか?」時間はかかっても、正確なオペができる、そんな普通に良い医者を目指せばよいではないか、と。

後日、酒井の挑戦した手術は成功し、記録映像は無事白鳥のもとへ。だが差出人不明の怪文書の謎が残っていた。自分を見つけてほしいという犯人のサインではないかと考える田口。次のバチスタ手術は5日後に迫っていた。

夜、氷室貢一郎(城田優)大友直美(釈由美子)と二人きりで食事をしていた。

「…恐いですか?僕が余計なことをしゃべるんじゃないかって」

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。