スポンサードリンク

チーム・バチスタの栄光

桜宮市にある東城大学医学部付属病院は、フロリダのサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威、桐生恭一(伊原剛志)を招聘し、心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム『チーム・バチスタ』を結成した。桐生が率いるチーム・バチスタは、26件連続でバチスタ手術を成功させ、『チーム・バチスタの奇跡』と呼ばれていた。

しかし、成功率100%だった『チーム・バチスタ』が、3件続けて謎の術中死に遭遇する。医療ミスか、単なる偶然か、それとも故意によるものか。

謎を解明すべく、東城大学医学部付属病院の病院長、高階権太(林隆三)は、特別愁訴外来(別名、愚痴外来)勤務の神経内科医、田口公平(伊藤淳史)に内部調査を命じる。

渋々と調査を進める田口が、調査結果を事故と認定しようとした矢先、厚生労働省の破天荒なキレモノ役人、ロジカルモンスターこと白鳥圭輔(仲村トオル)が現れる。

「これは殺人だ、犯人はチーム・バチスタの7人の中にいる!」

田口と白鳥はコンビを組み、真相を明らかにすべく再調査を始めるが――?


次々と浮かび上がる謎と、乾いた殺意。

続くバチスタ手術中の術中死。


犯人は一体、誰なのか――?


チーム・バチスタの栄光ネタバレあらすじ紹介
チーム・バチスタの栄光 第1話「医療ミスか?殺人か!?」
チーム・バチスタの栄光 第2話「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)」
チーム・バチスタの栄光 第3話「麻酔科医の告白」
チーム・バチスタの栄光 第4話「エリートのプライドと弱点」
チーム・バチスタの栄光 第5話「犯人の目星はついた」
チーム・バチスタの栄光 第6話「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」
チーム・バチスタの栄光 第7話「間違っていた推理…真犯人登場!」
チーム・バチスタの栄光 第8話「義兄弟の亀裂…オペで異常事態!」
チーム・バチスタの栄光 第9話「偽アリバイと致命的ミス」
チーム・バチスタの栄光 第10話「最後の謎解き…医療トリックはコレだ!!」
チーム・バチスタの栄光 第11話(最終回)「わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」

チーム・バチスタの栄光 第2話 あらすじ

チーム・バチスタの栄光 第2話
「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)〜噂」


チーム・バチスタのメンバーに聞き取り調査を開始した心療内科医師の田口公平(伊藤淳史)。看護師の大友直美(釈由美子)は、自分がチーム・バチスタに参加してから術死が始まったことに「自分の機械出しのタイミングが悪いのが原因だ」と泣き出し「能力もないのに色仕掛けでチームに入ったと同僚の看護師に噂されている」と告白した。田口は直美に「あなたは優秀な看護師だ」と言って慰めるが、それを知った白鳥圭輔(中村トオル)は「直美の涙は、ただ同情を買うためだけの泣き落としだ」と指摘し、自ら、チーム・バチスタに調査を開始する。

田口の調査方法が受動的な聞き取り調査なのに対し、白鳥のやり方は能動的な「アクティブ・フェーズ」と呼ばれる方法だった。

まるで相手に喧嘩を売るようなやり方の白鳥は、チーム・バチスタのメンバーと次々に衝突。だが、白鳥は少しずつ、何かを掴んでいるようだった。

その頃、アフリカの内戦で被弾した少年ゲリラ兵のアガピが、バチスタ手術を受けるために搬送されてくる。アガピのバチスタ手術には多くのマスコミが注目しているが、アガピは食事に手を付けず、看護師らにも全く心を開こうとしない。そこで、田口はアガピに子供らしい心を取り戻させようと手を付くし、アガピの心を開くことに成功した。

そんな中、田口は麻酔科医の氷室貢一郎(城田優)から「直美がチーム・バチスタを抜ける」という話を聞く。慌てて田口が説得すると直美は「同僚の噂は半分は本当で、ライバルの不倫を暴露したから自分がチーム・バチスタに抜擢されたのだ」と告白。驚く田口だが、何故か居合わせた白鳥は「そのくらい大したことない。普通だ」と直美の行動を認めた。

その後、白鳥は氷室に「直美が共犯なら、手術中に毒を入れることは可能では?」と問うが、氷室は「直美は自分なんて相手にしない」と言い捨てた。

アガピの手術は無事に成功。これでチーム・バチスタの殺人疑惑も晴れるかと思いきや、白鳥は「反対に、ますます怪しくなった」と言う。一連のバチスタ手術で「大人は死に、子供は助かるというのは、何者かの意図が見える」と。そして、リスクマネジメント委員会の招集をすべきだと訴えた白鳥は、田口に告げた。

「キミが暴くんだよ、チーム・バチスタを」

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。